三立電器工業株式会社



溶接棒ホルダをはじめとした各種製品群を持つ三立電器工業。造船、鉄鋼、橋梁など、あらゆる分野で、国内はもとより世界60数か国において高い評価を頂いております。



会社概要
商号 三立電器工業株式会社
所在地 〒551-0031 大阪府大阪市大正区
泉尾6丁目5番53号
創業 昭和23年4月
設立 昭和31年5月
事業 電気溶接棒ホルダ、ケーブルジョイント、アースクリップ等の電気溶接用付属器具の製造、各種金属精密切断加工
従業員数 30名
代表取締役 藤本 昌巳
主要取引銀行 三井住友銀行
三菱東京UFJ銀行
資本金 1200万円



沿革
1948年4月 藤本誠一個人企業として藤本製作所発足
1948年5月 鋼製ホルダ製造販売を開始
1956年5月 法人組織とし社名を三立電器工業株式会社に変更
1959年10月 絶縁性の優れた溶接棒ホルダを安全ホルダの名称で製造発売
1960年5月 ケーブルジョイント製造発売
1962年4月 通商産業大臣より日本工業規格(C9302)表示許可工場第8575号工場として認可される
1965年6月 アースクリップ製造発売
1973年3月 工場移転に伴うJIS許可工場として再許可される
1999年2月 代表取締役社長に藤本昌巳が就任



所在地

大きな地図で見る   



Copyright © 三立電器工業株式会社 All Rights Reserved.